We can 〇〇

地下タンク漏えい検査

平成16年4月施行の省令(告示第71条第1項)により、地下貯蔵タンク・地下埋設配管については、危険物に接する全ての部分(気相部・液相部)について点検を行わなければならないとされました。

ガス加圧検査

〇概要

加圧試験は、密封した地下タンクおよび地下タンク等に付属する配管に、窒素ガスを封入し、所定の圧力にて加圧維持し、一定時間内の圧力変動を計測することにより漏洩の有無を確認する気密試験です。
点検時には、対象となる地下タンクおよび配管内の貯蔵液を全て抜き取り、空の状態で実施します。
点検時の加圧設定圧力は通常20kPaとしますが、諸条件を考慮して決定します。

 

〇特徴

他の試験方法に比較して設定圧力が高いため、地下水位が高い場合にも実施でき、漏洩箇所に異物等が固着している場合でも圧力によって除去し、漏洩を確認できる確率が高いので、他の試験方法によって疑わしいと判断された場合の確認点検としても利用できます。 

微加圧検査

〇概要

地下タンクおよび地下埋設配管にガスを封入することにより、概ね2kPa(圧力はゲージ圧です。以下同)に加圧した状態を保持し、一定時間内の圧力変化を測定、記録することにより、気相部の漏洩の有無を確認する気密試験です。

 

〇特徴

・ 危険物を貯蔵したままで実施することが可能です。
・ 加圧がわずかなので、点検後のガス放出も少なくてすみます(気相部の約2%)。
・ 露出部は石鹸液を塗布すること等により、目視点検が可能です。
・ 蒸気圧の影響が少なく、判定が容易です。
・ 破壊事故等のおそれが少ない方法です。

液相部検査

〇概要

液相部検査は(財)全国危険物安全協会より性能評価を受けた聴音漏洩検査器(アクアチェック)により、タンク内貯蔵液を介して伝播する振動音と貯蔵液下部に溜まるドレンの高さを測定します。


〇特徴

減圧した地下タンクでは、漏洩孔から気泡が侵入します。気泡から発生する音は、気泡が漏洩孔から離脱した瞬間に生ずる表面張力波が音源であると考えられます。また、気泡が発する音の大きさは、地下タンク内外の圧力差が大きいとき、流入空気が多いと音は大きくなります。本装置は、この気泡発生音の原理を利用し、タンク液相部に発生する音の大きさをマイクロフォンにより測定することでタンク壁の0.3mm以下の漏洩孔を検出します。
また、地下水がある場合は、減圧することにより地下水がタンク内に浸入しますので、タンク底部に滞留する水位の上昇を測定することによりタンクの漏洩孔の有無を判定することができます。 

地下タンク等の点検に関する注意

1. 消防法第14条3の2(製造所等の定期点検等)にしたがって実施する地下貯蔵タンク等の漏れの点検は、「危険物の規制に関する規則62条の5の2~3」 「危険物の規制に関する技術上の基準の細目を定める告示第71条および第71条の2」「地下貯蔵タンク等および移動貯蔵タンクの漏れの点検に関わる運用上の指針について」(平成16年3月18日付消防危第33号)で示す方法にて行います。

2. 前項で示す漏れの点検では、ガス・水等による加圧または減圧が地下貯蔵タンクに負荷を掛けることになります。この負荷は、正常に管理された地下貯蔵タンク等であれば損傷を与えるようなものではありません。しかしながら、地下貯蔵タンク等が腐食等により劣化していますと、この負荷でも貫通孔を生じてしまう可能性があります。このように、適正な試験圧力をもって実施した点検における損傷に関しましては、当社では責任を負いかねますことをご承知ください。

3. 点検後におかれましても、地下貯蔵タンク等の管理者様等におきましては、危険物の入出庫および漏えい検知管の点検を確実に行うようにしてください。

漏れの点検は、点検時において漏れがあるか否かを確認するものであり、例え"異常なし"の結果になりましても、点検後に安全に使用できることを保証するものではありません。「上記3.」にありますように、危険物の入出庫および漏えい検知管の点検は必ず実施してくださいますようお願い申し上げます。

Copyright ©Sanko Mentex Co., Ltd.